Final Cut Pro

【使い方】Final Cut Proのストーリーラインの使い方解説

Final Cut Proの操作説明

こんにちは。今日のレッスンはFinal Cut Pro(ファイナルカット)の使い方シリーズ「Final Cut Proのストーリーラインの使い方」になります。

前回は作業画面の確認だけでしたが、今回は実際に操作する場面もあります。もし分からないことがあったら慌てず、一度調べたり、当ブログの他の記事を読んでみてください。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proの最初に覚えること(スマートコレクションや素材の整理)作業画面のことを「ワークスペース」と呼びます。Final Cut Pro Xは直感的に操作できる部分が多く初心者でも扱いやすい編集ソフトです。...

ストーリーラインとは、Final Cut Proのオリジナルの用語で、編集スペースのことです。基本的に動画編集と言われることの大部分はここに置かれた動画素材を上手にくっつけることになります。

ストーリーラインの特徴としては、クリップ同士が磁石のようにピッタリと付く「マグネティックタイムライン」と、上下に配置したクリップが結びつく「クリップ接続」機能があることです。

よく動画編集者が使うソフトとしてAdobeのPremiere Pro(プレミアプロ)というソフトがあります。

どちらも素晴らしい動画編集ソフトですが、個人的にはFinal Cut ProはこのストーリーラインのおかげでPremiere Proよりも直感的に操作ができると感じています。

しかし、Premiere Proも慣れてくると使い心地が良い部分もあり、どちらが上という事はないですが、操作が楽な部分が多いFinal Cut Proを僕は愛用しています。

ただ動画編集者として生計を立てる場合、下請けとして動画編集を頼まれた時のほとんどはPremiere Proでのデータ提出及びやり取りだと聞きます。

なので、実用度はPremiere Proの方が互換性も含めて上だと思います。僕自身は動画の完成品をクライアントに提出することが殆どだったのでほぼ経験がないですがね。

ストーリーライン作成の準備

まず基本的なテクニックを覚えてもらいます。流れとしてはFinal Cut Pro Xを立ち上げるところからスタートして、プロジェクトを作成し、クリップを配置し操作するところを覚えていきましょう。

まずはストーリーライン操作の準備をしていきたいと思います。

ちなみに前回の各ウィンドウ説明でも触れましたが、基本ストーリーラインの操作が動画編集のメインになります。なので最初にして一番大事な項目かもしれませんが、今回はあまり深く考えずに真似してみてください。

プロジェクトを作成する

まずはイベント内にプロジェクトを作成します。イベントというのは、一番大きな箱と覚えておいてください。

イベントという一番大きな箱の中に、プロジェクトという小さな箱を作っていき、その小さな箱(プロジェクト)の中にある素材を上手に配置して、時には仕掛けを作っていくイメージです。

前回のサイドバーの説明の時に、サイドバーには「ライブラリ」「写真とオーディオ」「タイトルとジェネレータ」に分かれていると説明しました。

厳密には、この「ライブラリ」の中にある「イベント」の中にある「プロジェクト」という枠組みなのですが、説明とイメージのために箱という概念で説明しました。

Final Cut Pro Xを開くと、最初はこのサイドバーの「ライブラリ」を開いている状態になります。

この状態でサイドバーの右をクリックすると「新規イベント」という項目が出てきるので選択します。あとは「テスト」と入れてOKボタンを押します。

「テスト」が選択された状態でサイドバーを右クリックすると、コマンドが出てきます。その中で「新規プロジェクト」を選択します。すると新規プロジェクトの製作ができます。

また左上のリンゴマークの並びの「ファイル」から「新規」で「プロジェクト」を選択でも大丈夫です。

新規イベント制作の工程で「新規プロジェクトを製作」というチェックボックスをクリックでも大丈夫です。

現在画面ではプロジェクトの設定が表示されていると思いますので、一つずつ説明していきます。

プロジェクトの各項目
  • プロジェクト名
  • イベント
  • 開始タイムコード
  • ビデオ
  • レンダリング
  • 色空間
  • オーディオ
  • 自動設定を使用

プロジェクト・イベント・タイムコード

プロジェクト名は、今回のプロジェクトの名前を入れてください。今回は「練習」で良いと思います。

イベントに関しては、今回のイベントを選択します。今回は「テスト」と入っているはずです。

開始タイムコードに関しては、プロジェクトの起点となるタイムコードを設定することができます。動画が始まる時間を設定することができます。

例えば、開始してから10秒後にスタートした場合は、ここに10秒と入れればOKです。僕自身は使ったことは一度もありませんが、覚えておいて損はないかと思います。

また開始タイムコードの隣に「ドロップフレーム」という項目が出てくることがあります。これは動画のフレームレートを「29.97」「59.94」と入力した場合のに表示されます。

これを説明するためには時間がかかるので、後日「フレームレート」とドロップフレームに関しては別で説明しますが、この表示が出た場合にはチェックしておけばOKです。

今回は何も入力しなくて大丈夫です。

ビデオ

ビデオに関しては「フォーマット」「解像度」「レート」という項目があります。

まずフォーマットは「どんな形の動画を作るのか?」と覚えておけば良いです。

例えばスマホ画面くらいの動画を作るのであれば「1080p hd」で十分ですし、高画質で美麗な動画を作るならば「4K」など、縦型動画だったら「縦」など、動画の質や形を決めるのがフォーマットになります。

次に解像度ですが、簡単に数字が大きければ高画質で重い動画に、数字が小さければ低画質で軽い動画になります。テレビなどの大きな画面で見られることを想定するなら解像度は高い方が良いですし、スマホ小さい画面で見られることを想定するなら低くて大丈夫です。

僕も昔そうでしたが「高画質の方が何となく良い」と思うところもあります。しかし、ほとんどの方がスマホで動画を視聴する現代では、そこまで高画質の動画じゃなくても、十分綺麗な動画を作れます。

作品の性質などで変える部分ではありますが、ほとんどの方が「何かを説明する動画」もしくは「誰かを楽しませる動画」を最初は作ることが多いと思いますので、基本は「1080p hdの1920×1080」や「720p hdの1280×720」で十分かなと思います。

最後にレートですが、これは「動画の雰囲気」と覚えておいてください。レートが低ければカクカクで穏やかな印象を与え、レートが高ければヌルヌルで臨場感ある動画になります。

例えば、映画は「24p」で作られていますし、テレビ番組は「30p」で作られています。パラパラ漫画をイメージして頂ければわかり易いのですが、24pは1秒間に24枚のページがあり、30pは1秒間に30枚のページがある感じです。

スローモーションを綺麗に取り入れたい場合には「60p」「120p」とすると良い感じになります。基本は30pで良いかと思います。

さて今回に関してはフォーマットは「1080p hd」、解像度は「1920×108」、レートは「30p」でいきましょう。

レンダリング・色空間・オーディオ

レンダリングとは、編集中に生成する映像の仕様(コーデック)を設定する場所です。最終的に動画を1つの形にするためにはレンダリング(描画処理)が必須であり、これを行うことで動画が出来上がります。

基本的は「Apple ProRes 422」を使えば大丈夫です。プレビュー用途などで少しでも動画を軽くしたい場合は「Apple ProRes 422 LT」や、色鮮やかな動画にしたい場合には「Apple ProRes 422 HQ」などのコーデックを選びます。

それに伴い次の色空間なのですが、これは色域の設定ができます。基本は変える必要はないと思いますが、広色域(ハイダイナミックレンジ)を選択したい場合には、あらかじめライブラリの設定を変える必要があります。

今回は初級者向けレッスンなので割愛しますが、気になる方はライブラリの設定を「Wide Gamut HDR」にして試してみてください。

オーディオは、チャンネルで「ステレオ」もしくは「サラウンド」を選択し、サンプルレートで音声周波数を変更することができます。ここも基本は変えずに「ステレオ」「48kHz」で良いと思います。

今回は、レンダリングは「Apple ProRes 422」で、色空間は「標準 – Rec 709」、オーディオは「ステレオ・48kHz」で次に進みます。

自動設定を使用

最後がプロジェクトの設定を映像クリップの情報に合わせる場合の項目になります。

動画編集のみを請け負う場合でも、YouTuberのように自前で動画を用意する場合でも、素材は必ず必要になります。その素材を撮影する機材にも今ここでやっているような設定項目があります。

その設定で作った素材をそのまま活かして使う場合には「自動設定を使用」をクリックすればOKです。最初にストーリーラインに置いた動画の設定に合わされて動画を作ることができます。

今回は押さないでください。こちらが設定した項目で作っていきます。

ここまで来たら後は「OK」をクリックすると、プロジェクトがイベント内に作られました。

基本ストーリーラインの使い方

ここからは「基本ストーリーラインの使い方」を学んでいきたいと思います。

プロジェクトを製作すると、タイムラインウィンドウが自動的に展開し、基本ストーリーラインの使用ができるようになります。

ここからの作業はとてもシンプルで、ブラウザの中にあるクリップを選び、ストーリーラインに配置するという作業になります。

また僕は結構やりがちなのですが、デスクトップに動画素材を置いといて、直接ストーリーラインに配置していくいうやり方もできます。使用した動画素材はその後ブラウザの中に一時保存されます。

どちらにせよ、動画素材をストーリーラインにドラッグして配置していくだけです。

基本的にクリップは自動的に左に寄せて配置されますが、後から順番を変えることは簡単です。なので、動画の構成が決まっていない場合にはとりあえず配置してみて動かしてみるのも良いと思います。

最初はそんなに複雑な編集をしないと思いますので、それこそ直感的に素材を置いてから、イメージを作っていくのが大沢野BASE流です。間違えてもいいので、自分の感性のままに動画を作っていきましょう。

クリップの再生方法

素材の配置が終わりましたら、最初はその素材を再生してみましょう。やり方は再生ヘッド(タイムラインの縦に伸びる黄色い線)を動かすか、ビューアの「再生・停止」ボタン(三角マーク)を押すことでできます。

再生ヘッドを左右に動かすと、クリップの映像をプレビューができます。またビューアの「再生・停止」ボタンを押すと素材動画そのままの速度でクリップが再生されます。

クリップの加工方法

再生ができたら次は、クリップの加工に入ります。動画編集のまさに「編集」と言われる部分であり、よくカットなんて言われ方をします。動画素材の無駄な部分を調整して映像の始まりと終わりを整える作業です。

基本のやり方は、動画素材(クリップ)の左端にカーソルを移動させてドラッグすると、カーソルの形状が変化して動画素材の頭部分に黄色い枠状のものができていると思います。

それを左右に動かすと、動画の長さが変化して無駄な部分を見えなくする(カット)することができます。これでクリップの頭の部分のスタートを調整することができました。

逆に右端の部分も同様にやることで、クリップの終わりの部分も綺麗にすることができます。

またタイムライン左上の「ツール」という矢印マークの中のブレードを使用することでカットするもできます。

これはやり易いやり方で良いですが、どちらも覚えておいて損はありません。

僕自身は、どちらも使いますが基本はブレード使って大雑把にカットしていき、前後の範囲指定で細かく調整していく感じです。

特にブレードのショートカットキー(⌘+B)を覚えてしまえば、ブレードの方が断然早く加工できると思っています。ただこれは人それぞれなので自分のベスト見つけましょう。

クリップの音量調整

最後にクリップの音量調整です。音が綺麗で聞こえやすい動画は視聴者に好まれる傾向が強いので、できる限り調整推奨なところです。

基本のやり方は、動画素材をクリックして、音量コントロールの線(動画の下部分の波形状の部分)を上下にドラッグする方法です。

音を上げたければ上に、音を下げたければ下にするだけです。

また細かな設定としてありがちなのが、クリップの一部分の音量だけを変えたいという場合です。

その場合はタイムライン左上にあるツールの中の「範囲選択」を使用します。範囲選択を選んだ状態で音を変えたい部分を範囲選択し音量コントロールを上下にドラッグすればOKです。

ブラウザからクリップを持ってくる場合は、最初から範囲指定で音量を落とすことも可能です。その場合はインスペクタを使うので今回は割愛します。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proの音質補正とサウンドエフェクトについてオーディオの自動補正はとても簡単です。そしてワンタップで機械が自動的に補正してくれるので手間要らずです。音の調整の際にご参考にしてください。...

マグネティックタイムラインについて

これは豆知識的に覚えていただければOKですが、ストーリーラインのピタッとクリップ同士が付くのはFinal Cut Pro Xのみの特別な機能になります。

ストーリーライン上に並べられた複数のクリップは、ドラッグすることで並べ替える事ができます。その時にクリップ同士が磁石でくっつくように隙間なく自動的に寄り添い移動します。

これを「マグネティックタイムライン」と言います。

例えば、4つのクリップが並んでいたとします。左から2番目のクリップをドラッグして、一番右にクリップを移動します。

すると、左から3番目のクリップは1番目のクリップに隣接するようにくっつきます。一番右にあったクリップも一緒に、3番目のクリップに隣接するようにくっつきます。

これがマグネティックタイムラインの動きです。

クリップの接続について

基本ストーリーラインに並ぶクリップの上に、他のクリップを重ねることができます。これを「クリップの接続」と言います。

通常のストーリーラインの再生をすると、ストーリーラインに並ぶクリップを順番に再生していく流れになります。

しかしクリップの接続をすると、動画を再生したときに、クリップの重なっている部分は、重ねたクリップが再生されます。

これを上手に取り入れることで、様々な演出やワイプのような表現ができたりします。いくつも重ねることができるので色々試してみるのが良いと思います。

また、上に重なっているクリップは「子クリップ」といい、下の「親クリップ」に接続されている状態になっています。なので、下の親クリップを移動すると、同時に子クリップも移動することになります。

子クリップと親クリップは「接続ポイント」いう薄い点線で繋がっています。子クリップを他のストーリーライン上にあるクリップに接続して親を変えることも可能です。

まとめ

今日のレッスンはFinal Cut Pro X(ファイナルカット)の使い方シリー「ストーリーラインの使い方解説」でした。

初めての方は難しいですよね。でも大丈夫です!僕自身もやり始めた当初はよく分からないままに、無我夢中に手を動かして作品を作ったものです。

最初は何時間もかけて作ったものが、半年後は30分で終わるようになり、クオリティもメキメキと上がっていったなと思い出します。

今はよく分からない操作も1ヶ月もすれば当たり前のようにできています。そして一度身につけば、動画作りは自転車のような感覚でいつでも使えるようになります。

なので、今のこの不自由な時期が一番楽しんだと思って、気軽に、そして悩みながら楽しみながら一緒に動画を作っていきましょう。

ではまた次回のレッスンでお会いしましょう。皆様良き創作ライフを。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proの音質補正とサウンドエフェクトについてオーディオの自動補正はとても簡単です。そしてワンタップで機械が自動的に補正してくれるので手間要らずです。音の調整の際にご参考にしてください。...