Final Cut Pro

【使い方】Final Cut Proで動画をカットする方法解説

Final Cut Proの操作説明

大沢野BASEのYOUです。今日のレッスンはFinal Cut Pro X(ファイナルカット)の使い方シリーズ第四弾の「Final Cut Pro Xで動画をカットする方法」をやっていきましょう。

ここから動画編集の本番という感じですが、実際はここからが地味な作業になります。また前回までの音質の調整や補正をしておくと、ここからの作業がより効率的になりますので、必要な方は見てみてください。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proの音質補正とサウンドエフェクトについてオーディオの自動補正はとても簡単です。そしてワンタップで機械が自動的に補正してくれるので手間要らずです。音の調整の際にご参考にしてください。...

このレッスンは難しいことはそこまでなく、また慣れてくると自転車のように軽快に作業することができます。

より慣れてきて、キーボードの操作を中心にカットできれば、一応動画編集者として簡単なお仕事(テロップをつけるなど)は受けられると思います。頑張っていきましょう。

不要な部分のカットをしよう

今からやることは基本ストーリーラインのクリップの不必要な部分をカットしていく作業になります。

カットに関してはやり方が2つあります。「選択範囲を決めてカットする方法」と「ブレードを使ってカットする方法」です。

選択範囲を決めてカットする方法は、範囲選択を覚えてショートカットキーの「I(イン)」と「O(アウト)」を使ってやる方法です。

これは慣れてくるとサクサクできますが、個人的には「ブレードを使ってカットする方法」をオススメします。

理由はシンプルに「やることが分かりやすい」からです。

範囲選択して削除する方が効率は良いです。でも初心者にはブレード(ハサミみたいなアイコン)を使って一個一個切った方が分かりやすいです。

なので今回は「ブレード」ツールを使ったカットの仕方を教えます。

「ブレード」ツールでカットする

まず、下準備としてタイムラインの右上にあるスナップツール(四角が2つ並んだアイコン)をクリックします。トランジションやエフェクトなどの隣にあります。

スナップをオンにすると、ブレードを使った際に、切り込み線で再生ヘッドがピッタリくっつくようになります。

ここから実際の作業です。タイムラインの左上にあるツールメニュー(矢印のアイコン)の中にあるブレード(B)を選択します。

その状態でタイムライン上のクリップをクリックすると、再生ヘッドの位置でクリップが分割(カット)されたと思います。

これが動画のカットになります。

次に再生ヘッドを移動して、もう一度カットすると動画が3つに分かれた思います。その3つの動画の真ん中を「選択」して削除(deleteキー)すれば無駄がない綺麗な動画になります。

「ブレード」から一度「選択」ツールに戻らないと選択できないので、必ず削除する前に選択ツールに戻してください。

後は何度もこの工程を繰り返して、動画の無駄な部分をカットしていくのが動画編集になります。

切る位置を間違えた場合には、直近であれば戻るで対応できますし、後々になって気づいた場合もクリップの端の部分を選択すれば伸ばしたり縮めたりできるので修正も可能です。

またクリップが小さすぎてカットの目測が誤る場合などは、タイムライン右上の「クリップのアピアランス(映画のフィルム見たいなアイコン)」で表示を切り替えて切りやすい大きさに変えてみてください。

また、タイムラインのクリップの大きさもキーボードの「+」「-」、及びパッドの拡大縮小(親指と人差し指2本で広げたり縮めたり)で大きさを変えられるので試して見てください。

よりサクサク編集するために

基本を覚えたら、一緒にショートカットキーも一緒に覚えておくと良いです。

特にブレードのショートカットキー(commandとB:⌘+B)を覚えておくと、選択ツールを使用したままでサクサク動画のカットができます。

そしてcommand(⌘)を押しながらだと、消したい部分を複数選択することができるので、⌘、選択、選択、選択、カット(delete)のようにすれば効率良くカットすることができます。

Final Cut Pro Xだとマグネティックタイムラインのおかげでカットした瞬間に、ピタッと素材同士がくっつくので、とても気持ちよく作業することができます。

一番最初の記事で使えるショートカットキーはまとめてあるので必要な方は見てみてください。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proの最初に覚えること(スマートコレクションや素材の整理)作業画面のことを「ワークスペース」と呼びます。Final Cut Pro Xは直感的に操作できる部分が多く初心者でも扱いやすい編集ソフトです。...

複合クリップの作成方法

カットと同時にクリップを上手にまとめる方法も解説します。「複合クリップ」と言いますが、作業が多くなってくると必須のスキルなのでぜひ覚えてください!

複合クリップは読んで字の如く「クリップを一つにまとめる」ことです。特に難しい作業はないですが、覚えておくとストーリーラインがスッキリして見やすくなり作業効率が良くなります。

まずおさらいですが、Final Cut Pro Xの複合クリップとは、タイムライン上にある複数のクリップを1つのクリップとして表示する機能です。

クリップだけでなくエフェクト、トランジョン、BGMなども含めることができ、それら全てを一まとめにして一つのクリップにします。

やり方はとてもシンプルに一まとめにしたいクリップを全て選択します。選択したら右クリックをして、メニューの中から「新規複合クリップ」を選択します。

新規複合クリップを押すと、複合クリップ名を入力する項目があります。必要なクリップ名を入力し、OKをクリックします。

作業はこれだけです。これで複数あったクリップが一まとめになりました。

この状態に新たにエフェクトやトランジションやBGMをつけることも可能です。

複合クリップの編集と分解

複合クリップを少し修正したい場合は、複合クリップをダブルクリックすることで編集が可能となっています。

複合クリップをダブルクリックすると、作業中のタイムラインとは別のタイムラインが開かれます。その状態であれば複合クリップを編集できるので、修正したい部分を直します。

その後、タイムライン履歴を戻るボタンを押すことで元のプロジェクトに戻る事ができます。(戻るボタンはタイムライン右上にある【〈 】なやつ)

また完全に複合クリップを元に戻したい場合には、複合クリップを選択し、一番上のリンゴマークの並びにあるクリップを選択します。

メニューの中の「クリップ項目を分割」というところをクリックすると元に戻す事ができます。

もしくは「編集」の中の「取り消す」を連打して元に戻したい部分まで戻る方法もあります。ただ戻れ範囲が決まっているので注意しましょう。

まとめ

今日のレッスンはFinal Cut Pro X(ファイナルカット)の使い方シリーズの「Final Cut Pro Xで動画をカットする方法」でした。

ここは、もう考えずに無心になって「コマンドB、コマンドB、コマンドB」の後に「コマンド選択、選択、選択、カット」を体で覚えることが大事です。

覚えてしまえば、今後の作業が格段にスムーズにいくと思いますので、1日2日ほどだけ頑張ってみてください。

では次回のレッスンでまた会いましょう!皆様良き創作ライフを。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proでテロップを作る方法解説テロップは動画編集では必須のスキルと言えますね。基礎的なこと今回は教えていくので、色やアウトライン変更などが知りたい方におすすめです。...