動画編集

【使い方】Final Cut Proのトランジションの使い方解説

Final Cut Proの操作説明

大沢野BASEのユウです。今日のレッスンはFinal Cut Pro(ファイナルカット)の使い方シリーズ第七弾の「Final Cut Proのトランジションの使い方」をやっていきましょう。

前回のレッスンでエフェクトの使い方をやりました。クリップにエフェクトを入れることで様々な効果(色や音や範囲など)を付与することができます。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proでエフェクトの使い方解説今回はエフェクトの使い方を学ぶために「モザイク」を入れてみようと思います。モザイクは上手に使うのにコツがあるのでそれを解説します。...

トランジションは、動画の切り替え時(場面転換)に使うエフェクトです。クリップとクリップの間に入れることで、動画がものすごく映えるようになります。

僕自身はFinal Cut Pro Xの中に元から入っている「クロスディゾルブ」を愛用していますし、「FxFactory」や「motionVFX」などの有料のプラグインサイトで購入した物などもよく使っています。

動画と動画が格好よく切り替わると、ものすごくテンション上がります。

そのような感じで本日はトランジションの基本的な使い方をレクチャーしてきます。

トランジションの使い方

トランジションの使い方は、前回のエフェクトのレッスンと同じように。自分の使いたいトランジションをクリップにドロップするだけです。

ただし、トランジションは「場面と場面の間」に入れる場面転換の時に使う物なので、クリップとクリップの間にドロップするようにすればOKです。

後は、これも前回同様にインスペクタ画面で調整すれば完了というシンプルな操作です。

では実際に一度やってみます。今回使うのは使い勝手が良い「クロスディゾルブ」です。

トランジションの展開

まずはタイムライン右上のトランジション(リボンのようなマーク)のアイコンをクリックします。その中の「ディゾルブ」というカテゴリーの中から「クロスディゾルブ」を見つけてください。

クロスディゾルブをドラッグして、クリップとクリップの間にドロップします。これで第一段階は完了です。

もしクリップが3つ繋がっていて、今入れたトランジションを反対側にも同時展開させたい時は、トランジションを入れたいクリップを選択して、その状態でトランジションブラウザ(ドラッグ前の場所)のクロスディゾルブをダブルクリックすると一気にできます。

同様に複数枚クリップがあったとしても同じように「選択」「トランジション」「ダブルクリック」で全ての動画と動画の間にトランジションを展開できます。

クロスディゾルブは、動画の編集点(動画の端に再生ヘッドを合わせたときに黄色になるやつ)を選択している状態で「⌘+T」でショートカット入力できます。

トランジションは適用した後に、端を掴むことで効果の長さ(長いとゆっくり反映されて、短いとすぐ反映される)を変えることができます。

右クリックをして、「継続時間を変更」を選択して入力するのもOKです。

またクロスディゾルブだとほとんど必要ないですが、右上のインスペクタ画面で、フェードインの仕方やフェードアウトの仕方などを変更することができます。

トランジションのやり方は基本的にはこれだけです。後は他のトランジションが、どのような効果があるのかを確認していきましょう!

主なトランジション

さて最後にFinal Cut Pro Xに入っているトランジションの紹介になります。

オブジェクト

カーテンやキューブ、スターや入り口など特定の素材をモチーフにしたトランジションが入っています。

例えば「カーテン」だと、ディズニー映画でありそうな赤いカーテンが出てきて登場や退場をちょっとおしゃれに演出できます。

「入口」も同様にテレビの演出などでも使われていそうな雰囲気があるものですし、初心者がちょっと動画を面白くしようとする場面では重宝しそうなものが多いです。

個人的にも何かの教育番組などで「葉」とか使ってみたいとは思っていますが、今だに使ったことはありません。笑

スタイル

スタイルは少しカッコいい演出にする時に使えるトランジションです。動画をズームアウトするもの、アルバムの中を飛び越える演出など動画をより印象的にしたい時には重宝します。

パンダウンやブーメランなどはYouTuberのオープニングムービーやエンディングムービーで見た事もありますし、スイッチアウトなどは簡易的なニュースなどを作る場合には使えそうです。

個人的にはフィルムストリップ系の演出が好きですが、この元からあるトランジションで満足できなくなって途中から自作したのは良い思い出です。

ディゾルブ

これはショートカットキー(⌘+T)でも搭載されているクロスディゾルブを代表に、画面が徐々に変化するトランジションが入っております。

個人的にはとにかく使いやすいので、場面転換に悩んだらここの「クロスディゾルブ」で良いのでは?と思う部分もあります。

また「フロー」というトランジションは、インタビュー動画や商品紹介動画など、画面の変化が少ないクリップ間で使うと、カットしたことが気づかれないくらいにスムーズにカットをつなげる事ができるのでおすすめです。

ブラー

ブラー系のトランジションは簡単にいうと「ぼかす」トランジションになります。水面が揺れて変わるような「放射状」や、ある場所にワープして飛んでいくような「ズームとパン」などがあります。

一度画面にブレやぼかしが発生するので、凝った演出(スポーツシーンや旅動画)などでは使い勝手が良いように感じています。

ムーブ

このトランジションは一度は見たことありそうな演出が多いトランジションになります。例えば、紙芝居のような動きをしたり、スピンしてどっかに飛んでいってしまうものがあります。

ブラーでもありましたが、より水面の質感が出て変化する「波紋」や、画面全体がパズルのように変化する「モザイク」、本をめくるような演出の「ページめくり」などがあります。

スポーツシーンや意外と教育系の動画の際にも使えるのではないかな?と思います。

2021年の1年間「Vyond(ビヨンド)」というアニメーション制作ソフトを一年間使ってみたのですが、その編集ソフトのように何かをプレゼンする時の動画には「スワップ」や「ページめくり」などは最適に思えます。

ライト

ライト系のトランジションは、シンプルに画面が光り輝くような演出のトランジションが多いです。

特に分かりやすいのが「ライトノズル」ですが、少女漫画のワンシーンのようにキラキラ輝いて次のシーンにいきます。

使用例としては結婚式の余興であったり、何かの発表の時などに使えるかと思います。

リプリケータ/クローン

個人的に好きな演出の一つである「リプリケータ/クローン」です。画面をマルチ画面風に展開する事ができ、いろんな映像を一度に見せる事ができます。その後、一つの動画に飛ぶという流れでです。

僕は昔から、「宇宙の神秘」や「恐竜の生態」みたいな海外の吹き替え教育ビデオが好きで、その中でこんな風に色んな動きが一挙に現れるシーンが好きだった記憶があります。

なので個人的には結構おすすめですが、普段使いでは使いにくいトランジションかもしれません。

ワイプ

ワイプは次の画面にスマートに差しかわるトランジションになります。よくテレビ番組の上にあるあれとはちょっと違います。

例えば「ワイプ」であれば、元の映像からはっきりとした形で次の動画にスムーズに入れ替わります。また「円」であれば、球状の中に次の動画が現れるような演出になります。

シンプルな作りの動画にしたい場合にはオススメですね。

まとめ

今日のレッスンはFinal Cut Pro X(ファイナルカット)の使い方シリーズ第七弾の「Final Cut Pro Xのトランジションの使い方」でした。

内容としては簡単だったと思いますが、実際トランジションはタイミング良く入れるのが大事であり、細かな設定などはそこまで必要としません。

しかし慣れてきて、後ちょっと変化が欲しいという場合には、インスペクタなどで微調整したり、同じようなものをmotion5などで自作したり、プラグインを導入したりする流れになります。

なので、ここら辺は技術よりも自分のセンスを信じて動画を作って頂ければと思います。

では今日のレッスンはここまでです。皆さん良き創作ライフを。

Final Cut Proの操作説明
【使い方】Final Cut Proの色調整と色補正のやり方解説動画編集でカラーコレクションとカラーグレーディングは奥が深いので、今回は初心者が誰でも簡単にできそうなものみピックアップしました。...